九湯めぐりマップ

湯めぐり

初湯 一番湯(初湯) 僧行基が発見し針鉢の鉢を洗ったという「鉢湯」がいつの頃からか「初湯」となった。
胃腸によいところから胃腸の湯とも呼ばれている。
笹の湯 二番湯(笹の湯) 昔は笹やぶの中から湧き出していたという。
湿疹などのほか病気の回復期に効果があり仕上げの湯と呼ばれている。
綿の湯 三番湯(綿の湯) 切り傷や皮膚病などに効きおできの「わたわた」がとれることから綿の湯と呼ばれている
竹の湯 四番湯(竹の湯) 地獄谷から管で引湯に成功したときに名づけられた。
慢性痛風に効くといわれている。
松の湯 五番湯(松の湯) 神経痛や病気の回復期に効くといわれ湯の中で身体を動かすと痛みが軽くなる。
目洗の湯 六番湯(目洗の湯) 多くの人が目の病を癒したといわれる。
肌もきれいになる美人湯。
七操の湯 七番湯(七操の湯) 七つの病気に効く。
また七回入れば全快するとのいわれがある。
神明の湯 八番湯(神明の湯) 源泉は裏山の神明山から湧出する。
昔は滝の湯のような打たせ湯で疲れを取ったという。
婦人病、子宝に恵まれるとされている。
大湯 九番湯(大湯) 万病に効くといわれる渋温泉の名湯。
槍の蒸し風呂もあり九湯めぐりの総仕上げとなるので結願のためにゆっくり入浴したい。
お得な宿泊プランはこちらから